賃貸の家賃は人と人との交渉術

リフォーム・リノベーション済み賃貸情報を上手に探すには?

リフォーム・リノベーション済み賃貸情報を上手に探すには? 仕事や家庭の必要で一定期間に限り住宅を探している人には、賃貸住宅が便利です。
住むのは一時的でもその間は生活のベースとなる場所ですから、プライベートな時間も快適でリラックスできる住まいを探す必要があります。
暮らし上手の人の間で最近注目されている住まいは、多少古くても現代的にリフォームやリノベーションが施された住宅です。
以前に建設された建物は土台や基礎がしっかりしていることが多いので、内装をリフォームしたり、新築当初の設計とは全く違った間取りに設計し直すリノベーションで、魅力的な賃貸住宅に生まれ変わることが多くあります。
さらに新築とは違うということで、賃料が低めに設定されているのも、借りる側には嬉しいポイントです。
このようなリフォームやリノベーション済みの賃貸情報を上手に探す方法は、一般的な不動産会社だけでなく、リノベーション住宅を専門に扱った情報サイトも利用することです。
地域や賃料などから条件付きで検索できるので、効率的に探すことができます。

賃貸アパートをリノベーションする前に抑えておくべき基礎知識

日本は世界有数の長寿社会、その反面、長引く低金利で老後資金の確保は多くの人の願いです。
賃貸経営は、年齢を重ねて働けなくなっても安定した収入が得られることから老後の私的年金としても注目されています。
 一方で、少子化の影響で人口減少時代に入った今、賃貸経営は差別化によって空室率を抑えることが課題です。
 そこで、賃貸経営の差別化の決め手となるのが、外観を新築同然にしたり、住宅設備を最新使用に更新するリノベーションです。
 リノベーションの際に気を付けたい基礎知識は、配管など、目に見えない部分のチェックです。
 水回りや電気の配管、配線をすっきりさせることで、住まいの住み心地と外見のスマートさは格段に向上しますが、新築当時の管の場所を放置すると、漏電や漏水などが起きても外部から確認できなくなってしまいます。
 リノベーションを発注する際の基礎知識として、新築当初の建築図面など、建物の仕様に関する資料は、施工業者に見せておくと安心です。

menu category
新着情報

◎2024/4/1

情報を追加しました。
>賃貸物件を見極めるための内見術!重要ポイントを網羅した役立つガイド
>賃貸での快適生活をサポートする持物リスト完全ガイド
>賃貸契約の不安解消ガイド〜初心者でも安心の選び方と注意点のすべて
>賃貸物件選びで後悔しないために知っておきたい優先すべきポイント
>初めての賃貸物件探しで見落としがちになる項目とは

◎2017/8/21

最寄駅までの距離
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

賃貸契約に必要な保証
の情報を更新しました。

「賃貸 知識」
に関連するツイート
Twitter

戸建て賃貸もアリだなぁ… 引っ越しはまだまだ先だけど、物件に関する知識は今から集めとかないとね

返信先:新築の販売スタッフは中古のこと全然知りませんし、中古の販売スタッフは新築のこと全然知らないけど、お客様はどっちのこともある程度知ってるケースって意外と多いと思います。 もう一つ足すと、売買やってる人は賃貸知識が足りません。 でも、基本的に全部ないと信頼するに足りえませんね。

知識や経験がないので、入居を断っている」という不動産オーナーも実は少なくありません。 高齢者や外国人などの入居者の「現状を理解する」「賃貸契約の成功事例」「居住支援法人との連携方法」等の問題について、現場で役に立つような最新の情報が提供されます。

返信先:リフォームの知識あると良いですね🙆 私は40才まで不動産仲介営業サラリーマンでしたので、営業しか出来ません。 今は借入無しの🍵ノンビリと不動産売買をしています。13室賃貸してます。15ヶ月ぶりに来月1室空きます。

400万円🌴 投資家のテス○氏は月400万円の賃貸住まい 住宅購入しないのは資金が固定され資金効率が下がるのが理由 本当にそうなのか🤔 100億の金融資産なら担保融資が可能 借入なら資金効率を下げずに資産形成も出来る フリーター出身のデイトレーダーは金融知識が乏しいのか 勿体無い話だな🙁