賃貸物件の収納と照明

賃貸アパートを選ぶ時は収納の広さに注意

収納の広さに注意 賃貸でアパートを借りようとする方には収納について良く確認することをお勧めします。
収納は意外と思われるかも知れませんが、部屋選びの大きなポイントの一つです。特に女性の中で重要視される方が多いです。
最近では、マンションやアパートの建設技術が向上したこと、部材類の軽量化、強度アップに伴い設計技術も格段にアップしているため、家の広さに対して収納のスペースも広く取れるようになりました。
しかし、それはここ数年の話であり、5年以上前になるとまだまだ狭い部屋もたくさんあります。
まず重要なのはクローゼットがあり、布団などの押入れと別々になっていること、下駄箱など靴や汚れているものを置く、トランクルームの役割があるか、も重要になります。
欲を言えば、長期保存が出来る食品や缶詰、洗剤や消耗品などの日用雑貨を入れておくスペースも欲しいところです。
最近では地震などに備えた備蓄のための水、食品、懐中電灯やラジオなど嵩張るものも必要となっているので賃貸物件を探す際には収納のことも頭に入れて探すようにすると良いでしょう。

賃貸物件の照明について

賃貸物件で居室の照明がついていないケースは意外にも多いです。部屋を案内された時にはついていたのに、いざ引っ越ししてみたらなくなっていたという経験はないでしょうか。
部屋の案内用に一時的に取り付けただけで、実際は入居者が自分で用意しなければならないという物件は一定数存在します。当日入居してみて困らないように事前に確認しておくとよいでしょう。
また、照明が付いていないということは、逆に考えてみると自分好みのものを付けることができるわけです。
実際、元々部屋に照明が備え付けられていたとしても、自分好みの電球などに変えてしまうこともできる場合があります。引っ掛けシーリングタイプであれば、自分好みの電球などを買ってきて簡単に付け替えることができます。
とはいえ賃貸物件なので、あくまで退去時は原状回復をしなければなりません。よって、好みの問題はありますが、可能な限り現状の状態をいじらなければ交換できないような照明は避けたほうが無難です。

menu category
新着情報

◎2017/8/21

最寄駅までの距離
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

賃貸契約に必要な保証
の情報を更新しました。

「賃貸 収納」
に関連するツイート
Twitter

賃貸にあるあるだと思うけど、台所も含む水回りの収納やスペースがほんとになくて、食材ストックする場所や洗濯物周りの物を置いておく場所、風呂上がり用にタオルや着替え、化粧水を置く場所、そしてそれらの周りに収納家具を設置する場所がない(置くと通路だから邪魔)、というのがなぁ🫠

返信先:

プロパティマネジメントとは、不動産管理業務の一種で、オーナーの代理人として、不動産の賃貸管理や維持管理、入居者との契約管理、家賃収納などを行う業務のことを指します。

返信先:そっか、電子ピアノがあるなら賃貸探しも難しそうだ!漫画は引っ越しを機に全部電子書籍にしたなあ、収納スペースもなかったし…ぬいぐるみはスタメンだけにしとこ😌

家、そんなに狭くないはずなのに 片付けが下手+収納家具が一切ない+物が多い の三拍子で狭く感じる。 綺麗に上手に片付けされてるお家は凄いなぁ。 でも賃貸だし終の住処ではないし。 どうしたらいいんだか。